法要に招かれたら可能な限り出席する

法要に出席するようお招きを受けたら、よほどの用事がない限り出席します。
招待を受けるということは、遺族が故人の意向であると判断したということです。
また、意外と顔を合わす機会のない親戚とも会うことができるかもしれません。
案内状が届いたら、施主の準備に支障が出ないよう、出欠の返事は早めに出します。
どうしても都合がつかないときは、欠席の返事のほかに、おわびの手紙を出すようにします。
さらに電話で直接お侘びを述べると丁寧です。
その後、法要日の前までに供物を送ります。
お焼香をしたいときは、先方の予定を聞いて、他の日に訪問します。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved