法要出席にあたっての服装

法要に出るときの服装は、年忌法要なら喪服以外でも大丈夫です。
ただし、黒やグレーなどの地味な色合いを選ぶようにします。
三回忌以後は、施主も喪服を着用しないことが多いです。
男性はダークスーツ、女性は地味なスーツなどでかまいません。
アクセサリー類は、派手にならないように注意します。
法要の会場には遅くても開始20分前には到着していたいです。
会場についたら、遺族への挨拶をすませてから供物料や供物を受け取ってもらいます。
一般的に、法要後には会食が用意されているので、必ず最後まで参加します。
施主の終了の挨拶は最後まできちんと聞きたいものです。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved