年忌法要

亡くなった同じ月の同じ日を祥月命日といいます。
満1年目の祥月命日を一周忌、2年目を三回忌といいます。
それ以降、七回忌、十三回忌などがあります。
百回忌までありますが、現在では三十三回忌までとし、法要もいくつかを省くのが一般的です。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved