忌明けと忌中・喪中

忌明けの意義は、葬儀その他大きく変わってしまった遺族などの生活を日常のペースに戻すことにあります。
忌明けまでの期間を忌中といいます。
一般的には、一周忌までの期間を忌中といいます。
忌中の間は、結婚式などの慶事への出席、祭礼、宴席などの参加は慎みます。
また、正月行事も控えます。
しかし、勤務先などのつきあいも含め、1年間にわたって慶事・宴席や公的な式典への出席を断り続けていることは非現実的です。
現在では、忌明け後には通常の生活スタイルに戻る方向になっています。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved