忌明けにすること

四十九日または三十五日の忌明けには、法要に参会した近親者、親族、友人・知人と食事会を開きます。
祭壇に置いてあった白木の位牌は、お寺に納め、黒塗りの位牌を入魂供養した上で仏壇に納めます。
仏壇がなければこの日までに用意します。
通夜・葬儀に参列した会葬者に、忌明けの挨拶状と香典返しを送ります。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved