法要する日

法要とは法会、法事ともいいます。
故人があの世でよい報いを受けられるように願いをこめて供養するための儀式です。

法要は、故人の初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日と亡くなった日から数えて七日目ごとに供養するのが望ましいとされていました。
しかし、現在では初七日と、三十五日もしくは四十九日の2回だけ行うのが一般的になっています。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved