法要のスケジュール

初七日(7日目)・・・僧侶、親族、友人・知人などを招いて行います。
最近は、葬儀の日に遺骨迎えと合わせて行うことが多くなっています。

二七日(14日目)・・・僧侶は招かれず遺族だけで行うことがほとんどで、あまり行われません。
三七日(21日目)・・・僧侶は招かれず遺族だけで行うことがほとんどで、あまり行われません。
四七日(28日目)・・・僧侶は招かれず遺族だけで行うことがほとんどで、あまり行われません。

五七日(35日目)・・・最近は忌明けとして、僧侶、親族、友人・知人などを招いて行うことが増えています。
六七日(42日目)・・・僧侶は招かれず遺族だけで行うことがほとんどで、あまり行われません。
七七日(49日目)・・・僧侶、親族、友人・知人などを招いて寺などで行うことが多く、百カ日の法要と兼ねることもあります。
百カ日(100日目)・・・僧侶を招いて読経をしてもらいますが、四十九日の法要と同時に行うことが多いです。
一周忌(1年目)・・・僧侶、親族、友人・知人などを招いて、比較的盛大に行われます。

その後は、三回忌(2年目)、七回忌(6年目)、十三回忌(12年目)、十七回忌(16年目)、二十三回忌(22年目)、二十七回忌(26年目)、三十七回忌(36年目)、五十回忌(49年目)、百回忌(99年目)の法要があります。

七回忌以降は、招く人を少なくして、内輪で行うことが多く、省略されることもあります。
一般的には、三十三回忌くらいで弔い上げとなることが多いです。
三十七回忌以降は、省略されることが多くなっています。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved