故人の召天記念日に記念式典

キリスト教の場合、カトリックとプロテスタントでは若干内容が違います。
カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは故人の召天記念日が、仏式での法要に当たるものといえます。

カトリックの場合、3日目、7日目、30日目などに追悼ミサを行います。
教会で、神父、遺族、親族、友人・知人が集まり、葬儀と同様に進行します。
それ以降の特別の決まりはありません。
各自が命日に祈りを捧げるなどの供養を行っているようです。
プロテスタントの場合、多くは1ヵ月目の召天記念日に記念式を行います。
牧師と参列者を自宅に招いて、説教をしてもらい祈りを捧げます。
それ以降は、仏式と違い決まった法要はありません。
内輪で命日に追悼式をするなど、故人を偲びます。

謝礼は、カトリックでは御ミサ料、プロテスタントでは記念献金とし、いずれも教会への献金という名目で包みます。
神父・牧師個人への謝礼は、表書きを御礼とします。


Copyright © 2007 法事・法要の心得・マナー. All rights reserved